Q.機種が色々有りますが、どうやって選んだらいいですか?

吸引器にはハンディタイプと据え置きタイプがあります

ハンディタイプは、電源が乾電池でコードレスのため使用場所を選びません。コンパクトなため、携帯に便利です。吸引力は、粘度のある鼻水は吸いづらいのですが、やわらかい鼻水を吸引するには十分でしょう。吸引力は調節することができません。洗浄部品が少ない為、使用後のお手入れがしやすいです。

据え置きは、ハンディタイプに比べて吸引力があるため、粘度のある鼻水も吸引しやすくなっています。使用後のお手入れはハンディタイプに比べてホースが洗いにくいなど、少々手間が掛かりますが中耳炎予防や風邪の重症化を防ぐ効果が見込めるのは据え置きタイプだけでしょう。

ハンディタイプ


・コンパクトで携帯に便利
・お手入れがカンタン
・ネバネバの鼻水がやや苦手

据え置きタイプ


・大きいので持ち運びには向いていない
・お手入れがやや面倒
・吸引力が強い。ネバネバの鼻水もバッチリ

吸引力の見方は、最大吸引圧と排気流量を確認します。
ハンディタイプの最大吸引圧は-50kPa(マイナス50キロパスカル)で、設置型は最大でも-80kPaです。

上記のように、仕様を確認します。排気流量15L/minは、1分間に15Lの排気量があるということです。数値が増えるほど、吸引力が強くなります。

※吸引力が強ければ良いというわけではありません。強すぎても鼻の粘膜を傷つけてしまう恐れが有ります。商品を選ぶ場合は医師や看護師にご相談いただくことをお勧めします。

どの商品にも一長一短があります。
動き回る子供にはハンディタイプ、どろどろ鼻水が多い子供には据え置きタイプ、外出先で使用するならハンディタイプ、など使用場面をイメージして合った商品を選びましょう。

 
 

Q&A一覧に戻る

 

おすすめの電動鼻水吸引器比較