スポイト式の鼻吸い器比較

口で吸うタイプよりもコンパクトで扱いやすいスポイト式の鼻吸い器。
「本当に鼻水を吸引できるの?」「価格によって何が違うの?」「どれでも消毒はできるの?」など、どれを選べばいいのか迷っている方も多いと思います。
そこで、人気のスポイト式の鼻吸い器の特徴やスペックをまとめました。

 

スポイト式の鼻吸い器比較

人気があるスポイト式の鼻吸い器4つの特徴や吸引力、お手入れのしやすさなどをご紹介します。

ドクターハナ吸い器 鼻水キュートル 鼻水吸引器 ハンドバルブアスピレーター
価格
吸引力
持ち運び
お手入れ
デザイン



 

ドクターハナ吸器

ドクターハナ吸器

・4つの中で1番安く手に入れることができる
・煮沸/レンジ/薬液での消毒が可能
・フタ付なので持ち運びがラク
・あまり吸えないとの口コミ多数
メーカー ピジョン株式会社
価格 星5
吸引力 星2
軽さ 星5
お手入れ 星4
持ちやすさ 星4
安全性 星4

 

鼻水キュートル

鼻水キュートル

・口で吸うタイプと併用できるタイプもある
・煮沸での消毒が可能
・フタ付なので持ち運びがラク
・空気バルブ等部品が細かく、洗浄の手間が多い

メーカー ジェクス株式会社
価格 星3
吸引力 星2
軽さ 星3
お手入れ 星2
持ちやすさ 星4
安全性 星4

 

鼻水吸引器

鼻水吸引器

・スポイトタイプの中では吸引力が高い
・その分サイズが大きい
・レンジ/煮沸での消毒は不可(薬液は可能)
・フタが無いため持ち運びは難しい

メーカー SAKURA SAKURA
価格 星3
吸引力 星4
軽さ 星4
お手入れ 星3
持ちやすさ 星4
安全性 星5

 

ハンドバルブ アスピレーター

ハンドバルブ アスピレーター

・カテーテルを使用しての吸引ができる
・同梱のカテーテルは1サイズのみ
・カテーテルは50本以上のみの購入
・フタやケースがない為持ち運び不便
メーカー ブルークロス
価格 星2
吸引力 星4
軽さ 星3
お手入れ 星3
持ちやすさ 星2
安全性 星4

購入したい鼻吸い器はありましたか?

スポイト式の鼻吸い器は、部品数が少なくシンプルな構造なので、お手入れの手間がかかりません。軽量なので、場所を選ばずに持ち運んで吸引をすることができます。また、口で吸う鼻吸い器と違って、口でウィルスだらけの空気を鼻水を吸引して、親が風邪をもらってしまう心配もありません。さらに、鼻吸い器の中でも安価なのも嬉しいポイントです。

しかし、このタイプの鼻吸い器はポンプ部分に鼻水を入れるものも多く、逆流弁があってもポンプを押した際に鼻水が出てきてしまう場合があります。そうなると、赤ちゃんの鼻の穴に鼻水が戻ってしまうので、注意が必要です。また、吸引力も口で吸うタイプよりは劣ってしまいます。

 

安全性と吸引力を考えると電動鼻水吸引器がオススメ

スポイト式の鼻吸い器は手軽に使える、軽くて小さい等の利点がありますが、やはり吸引力が強くないという大きな欠点があります。ポンプで空気を吸い上げている為、コンパクトなサイズであればあるほど少しずつしか吸引することができないのです。また、ノズルが適切な角度にはまっていることと、吸引のタイミングを合わせなければならない為、嫌がり動き回る赤ちゃんを相手にタイミングを合わせることも大変です。

それに対し、電動の鼻吸い器は、据え置きタイプであれば力を調節できますし、ハンディタイプでも一定の吸引力で動いてくれます。動く赤ちゃんを相手にタイミングを合わせてポンプを押す必要はないのです。また、電動であればポンプに溜まった鼻水が逆流することもありません。予期せぬ逆流や部品外れによるお手入れの手間を考えれば、電動タイプの部品数でも手入れは簡単ではないでしょうか。

さらに、手動の鼻吸い器は部品が上手くはまっていなと吸引力が下がる場合がありますが、無理やり力を加えることは無い為、吸引中に部品が外れて鼻水が漏れてしまうといった心配はありません。

こちらのページで人気の電動鼻吸い器を比較できますので、参考にしてみてください。

 

おすすめの電動鼻水吸引器比較