メルシーポットとスマイルキュートを徹底比較!買うならどっちがいいの?

電動鼻水吸引器を買う際、この2台どちらを選べばよいか迷ってしまいますよね。私もメルシーポットはかれこれ4年ほど使っていますが、スマイルキュートは使ったことがなかったので、正確に2つを比べられませんでした。そんな時、姉がスマイルキュートを使っていたことが発覚!スマイルキュート歴2年の姉の体験談も交えて、この2つを徹底的に比べてみました。

メルシーポットとスマイルキュートの違い

メルシーポットとスマイルキュートの違いをまとめてみました。

メルシーポット スマイルキュート
メーカー シースター
(ベビースマイル)
新鋭工業
吸引力
使いやすさ
操作性 シンプルで簡単 細かい設定が可能
デザイン ×
大きさ 幅24.0cm×奥行8.5cm×高さ17.4cm 幅24.6cm×奥行9.4cm×高さ21.7cm
価格 14,400 円 15,800円
口コミ 4.49
(7,944件)
4.46
(4,341件)

※2017/5/18時点


 

メーカー

メルシーポット: シースター(ブランド=ベビースマイル)
スマイルキュート:新鋭工業


メルシーポットをつくっているベビースマイルというブランドは、「ホームメディカルを、ママの手に。」というコンセプトで、赤ちゃん用に家庭で使える医療機器をつくっています。
「毎回鼻水を吸引するためだけに病院にいくのが大変」というお母さんたちの声をもとに、病院に行かなくても赤ちゃんの鼻水を吸える家庭用の電動鼻水吸引器を開発したようです。
また、このメーカーは医療従事者向けにも医療機器をつくっています。


スマイルキュートをつくっている新鋭工業も医療従事者向けに医療機器を展開しています。
介護用や医療用など、約13種類の吸引器を販売しています。スマイルキュートの開発背景などはどこにも掲載されていないので分かりませんが、おそらく医療向けにつくっていたのを自宅用に改良したのではないでしょうか。

 

吸引力

メルシーポット:最大吸引圧-80kPa 排気流量15L/分
スマイルキュート:最大吸引圧-80kPa 排気流量13L/分

吸引の強さは、吸引圧×排気流量でわかります。吸引圧は両方同じなので、排気流量の多いメルシーポットの方が計算上は吸引力がありそうです。ちなみに、この数値は国で家庭用吸引器として認められる最高値なので、これ以上吸引圧の強い商品はないはずです。つまり、メルシーポットの吸引力は日本最強になりますね。

実際にメルシーポットを使っていますが、吸引力は3段階あるうち、ほとんどレベル2だけを使っています。寝起きで粘り気が強い緑っ鼻の時はレベル3も使いますが、気持ちよく奥のほうまで吸うことができます。吸引力が弱いと感じたのは、2人目が生まれて、長男に使っていたものを数年ぶりに出して使った時くらいです。メーカーに問い合わせみたところ、ゴムパッキンが劣化していることが判明したので、ゴムを取り替えたら、吸引力が見事に復しました。電話対応いただいた方もとても丁寧で感じの良い方でした。

スマイルキュートは使用歴2年の姉に聞いたところ、最初の頃あまり吸えなかったため、先端の鼻水吸引キットを取ったところ、吸引できるようになったそうです。鼻水吸引キットに空気が逃げてしまうと、吸引力が落ちてしまうのかもしれませんね。また、吸引する際は、後述するチューブを折り曲げて吸引圧を上げる操作が必要なのですが、それをマスターして、鼻水吸引キットを取れば、今は問題なくしっかり吸引できているようです。

 

洗いやすさ

メルシーポット: ○
スマイルキュート:○

風邪を引いていると、一日に何度も吸引するので、洗いやすさは超重要です。
メルシーポット派の私は、使った後は毎回水を吸って鼻水を流し、先端のシリコンだけ水洗いしています。一日の終わりには本体のボトルも水洗い。最後に風邪が良くなったら、部品を消毒します。
スマイルキュート派の姉は、鼻水吸引キットだけ洗えば良いと思い、買ったそうなのですが、吸引すると鼻水が勢いよくチューブや本体の瓶に流れることが結構あったようです。結局全部洗うなら、洗う部品が減って、吸引力も強まるので、鼻水吸引キットを外しているとのこと。
洗いやすさは、鼻水吸引キットを洗う手間が増える分、スマイルキュートの方がやや大変か、鼻水吸引キットを使わなければ、メルシーポットと同じ程度のようです。

 

操作

メルシーポット: 簡単シンプル
スマイルキュート:細かい設定が可能


メルシーポットの操作方法はシンプルです。
1. まず電源を入れます
2. コップに入れた水を吸引します
3. 吸引力を3段階から選択
※私はサラサラの鼻水には1を、ドロっとした鼻水には2を、ネバネバの鼻水には3を使っています。
4.子供の鼻にノズルを入れて吸引


スマイルキュートの圧力は、0~100kpaまでで細かく調整可能です。圧力を変更する際は、圧力の設定が必要になります。また、スマイルキュートは元の吸引力がやや弱い分、吸引する際はチューブを操作して、吸引圧を上げます。

圧力の設定方法
1. 電源を入れます
2. チューブをバキっと折り曲げます
3. メーターが上がるので、チューブを曲げたまま、圧力調整ダイヤルを回して調整
4. お好みの圧力のところで、メーターの針が止まるように、ダイヤルを回す
これで、設定した圧力で正確に吸引できるようになります。

続いて、スマイルキュートの吸引方法です。
鼻水の吸引方法
1. 電源を入れます
2. コップに入れた水を吸引します
3. チューブを曲げて、吸引圧を高めます
4. チューブを曲げたまま、ノズルを子供の鼻に入れます
5. 曲げたチューブを一気に放して、吸引します
操作は少し複雑ですが、慣れればメーターで圧力を確認しながら、吸引できます。

 

デザイン

メルシーポット:◎
スマイルキュート:×

メルシーポットはシンプルなデザインで、出しっぱなしにしていても、気になりません。
スマイルキュートは圧力のメーターや上に取っ手がついていたり、ボトルに大きく容量が書かれていたりと、決して美しいとはいえません。気になる方は、1,800円の別売りバッグに入れて収納すると良いでしょう。

 

大きさ

メルシーポット:幅24.0cm×奥行8.5cm×高さ17.4cm(重さ1.25kg)
スマイルキュート:幅24.6cm×奥行9.4cm×高さ21.7cm(重さ1.5kg)

サイズは大きなモーターが入っているからか、両方ともまぁまぁ大きいですね。一応メルシーポットの方が一回り小さくて、重量も軽いです。ただメルシーポットは、デザインなのかそこまで圧迫感がなく、数字よりは小さく見える気がします。

 

価格(楽天)

メルシーポット:14,400 円
スマイルキュート:15,800円

メルシーポットの方が1,000円以上、安いですね。

 

口コミ

メルシーポット:
楽天 4.49(7,944件中)
アマゾン 4.6(315件中)

スマイルキュート:
楽天 4.46(4,341件中)
アマゾン 4.5(175件中)

メルシーポットの方が、わずかに評価が高く、口コミ件数は倍近く多いです。
それぞれの詳しい口コミ内容は下記にまとめましたので、ご覧ください。
>>メルシーポットの口コミまとめ!ネット上の評判は?
>>スマイルキュートの口コミまとめ!ネット上の評判は?

 

どんな人にどっちがおすすめ?


メルシーポットは初心者でも扱いやすいので、こんな方におすすめです。
・何より吸引力を重視したい
・難しい機械の操作は苦手
・口コミで人気のものが良い


スマイルキュートはこんな方におすすめです。
・吸引圧にこだわりがある
・吸引圧を細かく調整したい

 

総合評価

ネットの口コミを見てみると、甲乙つけがたいですが、こうして2つを並べて比較してみると、個人的にはメルシーポットの方が総合的には万人受けする素晴らしい商品だと感じました。スマイルキュートもメーターを見て細かく調整したい人にはいいと思います。
※姉は話していて、メルシーポットにすれば良かったと傾いていましたが…

いずれにしても、電動鼻水吸引器で吸引することで、子供の風邪の治りが早くなり、病院に行く負担も減り、親も風邪をもらわずに済みます。一見、値段が高いので躊躇してしまいますが、病院への移動時間や待ち時間を時給に換算すれば、すぐ元がとれると思います。私も迷いに迷って、長男が3歳頃の時に買ったので、どうせならもっと早く買えばよかったです。買うなら早く買って、減価償却した方が良いです(笑)

ぜひ、自分に合った鼻水吸引器を使って、母子ともに健康な子育てライフを楽しみましょう!

メルシーポット

スマイルキュート