小児科と耳鼻科どっちに行けばいいの?

新生児や乳児に鼻水の症状がある場合、小児科か耳鼻科のどっちに行けば良いのか迷ってしまいますよね。小児科と耳鼻科の大きな違いと、どっちに行くべきか判断するポイントをご紹介します。

 

耳鼻科の特徴

耳鼻科の正式名称は、耳鼻咽喉科。その名の通り、耳と鼻とのどが専門です。

こんな時は耳鼻科に行きましょう。

・耳を頻繁に触る・痛がっている
・鼻水が出る
・鼻水による咳が出る
・のどが痛い
・痰が出る
・熱と上記の症状があるが、比較的元気
・小児科を受診したが、症状が治まらない

耳かゆい

特に乳幼児に鼻水の症状がある時は、中耳炎や副鼻腔炎になる場合がよくあるので、専門医である耳鼻科の診療をおすすめします。耳鼻科では、のどや耳の奥を直接覗いて見ることができるので、中耳炎や副鼻腔炎、喉頭蓋炎耳鼻の診断ができます。逆に、小児科ではこれらの病気に気が付かない場合もあります。

また、耳鼻科は鼻水や痰を吸引してもらうことができます。鼻水吸引してもらうことは、すっきりして機嫌が良くなったり、よく眠れるようになるだけでなく、中耳炎の予防や改善につながります。(小児科でも一部、吸引してもらえるところもあります。)
ちなみに、耳鼻科でも風邪薬を処方してもうことはできます。

 

小児科の特徴

小児科は子供の病気の専門科。小児の症状や病気を幅広く学んでいるため、小児特有の病気も見つけ出してくれます。

こんな時は小児科に行きましょう。

・頭痛、腹痛、下痢、咳、熱など、鼻水以外の症状がある
・耳鼻科を受診したが、症状が治まらない

ぐったり

耳鼻以外の症状であれば、(熱だけの場合や腹痛や熱、下痢など)小児科で診てもらいましょう。また、保育園でインフルエンザやRSウィルスが流行っている場合なども、早めに小児科に行くことをおすすめします。

小児科では、自分の症状を言葉で伝えられない子供でも、全身の症状を幅広く見て診察してくれます。また、風邪だと思っていても、実は他の病気が隠れていることもあります。小児科であれば、重大な病気が隠れていないか、体の小さなシグナルを見逃さないよう、胸の音など子供全体を診て判断してもらえるので、安心です。さらに、子供は年齢に応じてできる治療も異なるので、発達段階に合わせた治療を行ってくれます。

ただし、鼻水が出ていても、吸引してもらえないところも多いので、小児科で診断後に耳鼻科で吸引処置してもらう親も多いようです。

 

耳鼻科・小児科の違いまとめ

耳鼻科

・耳・鼻・喉の病気をしっかり診断&治療してくれる
・鼻水を吸引してくれる
・待ち時間で別の風邪をうつされる可能性が小児科より少ない

小児科

・体全体を見て診断してくれる
・耳・鼻・喉以外の病気を的確に診てもらえる
・鼻水は吸引してくれないところもある

 

迷った時は、小児科に行くのがおすすめ

耳鼻科

どちらに行くべきか迷ってしまいますが、迷った時は総合的に見てもらえる小児科に行くという親が多いです。もし小児科に行って、耳鼻科での治療が必要と判断された場合は、耳鼻科を紹介してもらえます。

逆に耳鼻科でも、小児科での診断・治療が必要と判断された場合は、小児科へ行くことをすすめられます。そのため、どちらに行っても良いのですが、個人的には先に小児科に行くことをおすすめします。命にかかわるような大きな病気を発見してもらえる可能性が高いのは、総合的に見てもらえる小児科だからです。

両方行くのは大変ですが、迷った際はまず小児科に行ってみて、ダメだった場合や中耳炎を合併していそうな場合は、耳鼻科へハシゴするというのが無難だと思います。その際は、対処やお薬が被らないように2つ目の医者に1つ目での診断やお薬の情報共有をしっかり行いましょう。

おすすめ記事

受診の目安

 

小児科で受診後も、耳鼻科で鼻水吸引しよう

鼻水を放置していると、呼吸が苦しいため、睡眠の妨げや食事がしづらいだけでなく、中耳炎を発症しやすくなります。特に生後6ヶ月~2歳頃までは急性中耳炎に、3歳頃~小学校低学年まではしん出性中耳炎にかかりやすい年齢です。小児科では鼻水吸引処置をしてくれないところもあるので、その場合は耳鼻科で鼻水吸引処置をしてもらいましょう。

 

自宅に鼻水吸引器があると便利!


小児科と耳鼻科両方に行くことが難しい場合や、鼻水がたくさん出るような場合は、鼻水吸引器を使いましょう。自宅で鼻水を吸うことができれば、わざわざ鼻水を吸引してもらうためだけに耳鼻科に行って診察を待つことも、せっかく吸引してもらっても家に着く頃にはまた鼻水が出て困ることもなくなります。鼻をまだ上手くかめない間は、自宅でこまめに鼻水を吸引して、病気の予防・回復、そして子供を病院に連れて行く負担を減らしましょう。

 

この記事を見た人は、こんな記事も見ています

口コミでおすすめの鼻水吸引器ランキング