Q.鼻水吸引器は何歳まで使えるの?

何歳まででも使うことができます。

自分で鼻をかめるようになってからも電動鼻水吸引器は必要

電動鼻水吸引器は自分で鼻をかめない赤ちゃんにしか使うことができない。
そう思われているお母さまも多いのではないでしょうか。

しかし、正しい方法で行わなければ、せっかく自分で鼻をかめるようになっても症状を悪化させてしまうことがあります。正しくかめるようになるまでは、電動鼻水吸引器を使用してお子様をサポートしてあげましょう。

注意してあげてほしい3つのこと

お子さまが鼻をかめるようになったら、下の3点に注意してあげてください。

1.力まかせにかんでいないか
2.両方の鼻を一度にかんでいないか
3.中途半端にかんでいないか
1と2は鼻腔内への圧力に関係しています。これらは鼻腔内にかける圧力が強くなってしまうため、最悪の場合耳管を通して鼓膜を破いてしまう可能性があります。

3つ目に関しては特にお子さまに多く、鼻をかむ力が弱い為に起こります。鼻腔内に鼻水が残った状態が続いてしまうため、鼻をかんだつもりでいたのに、鼻水が残ったまま中耳炎といった症状に繋がってしまいます。

このように正しい鼻のかみかたができるようになるまでは、鼻水吸引器でのサポートが必要です。

鼻水の放置以外に風邪を重症化させてしまうこと

また、お子様によっては自分で鼻をかめるようになっても、鼻水をすすってしまう子が多くいます。
鼻をすするということは、せっかく異物を体の外に出そうとしている鼻水を奥に押し戻してしまうことになります。
また、すすり続けることで鼻水が鼻の奥へといってしまい、お子様の場合は耳管が短いため、鼻水が耳へと達し、中耳炎を発症させてしまいます。

電動鼻水吸引器は大人でも使える

電動鼻水吸引器は、鼻水・鼻づまりに困っている方であれば何歳であっても使用することができます。
お子様は上記のように正しく鼻がかめていないことがあったり、耳管がまだ成熟していないのでサポートとして電動鼻水吸引器の使用をおすすめします。

さらに、大人の場合はお母さまに風邪がうつってしまう場合もありますよね。
大人になると力加減もわかるようになりますが、大変なのは鼻のかみすぎで皮膚がボロボロになってしまうことではないでしょうか。メルシーポットのような吸引器であれば、ノズルが2つついている為、ノズルを交換して使用することも可能ですし、ご家庭内ではティッシュを使わずに済む為、鼻のかみすぎによる肌荒れの予防にもなりますよ。

 
 

Q&A一覧に戻る

 

おすすめの電動鼻水吸引器比較