ベビースマイルとコンビを徹底比較!買うならどっちがいいの?


ベビースマイルとコンビの電動鼻吸い器はどう違うのでしょうか?同じ電池式の電動鼻水吸引器でも比較してみると、いくつか違いがあります。そこで、ベビースマイルとコンビの使用感や吸引力、洗いやすさ、操作性などをまとめました。

 

ベビースマイルとコンビの違い

ベビースマイルとコンビの電動鼻吸い器の違いをまとめてみました。

ベビースマイル 電動鼻吸い器(コンビ)
メーカー シースター
(ベビースマイル)
コンビ
吸引力
洗いやすさ ×
操作・扱いやすさ ボタン1つ
(ワンタッチでON/OFFの切り替え可能)
ボタン1つ
(ボタンを離すと電源が切れる)
大きさ 幅4.2cm×奥行20cm×高さ4.2cm 幅4.2cm×奥行15.4cm×高さ7cm
重さ 約170g 約130g
価格(楽天) 3,980円(税込) 5,397円(税込)

※2017/6/16時点


 

メーカー

ベビースマイル: シースター(ブランド=ベビースマイル)
電動鼻吸い器:コンビ


メルシーポットをつくっているベビースマイルというブランドは、「ホームメディカルを、ママの手に。」というコンセプトで、赤ちゃん用に家庭で使える医療機器をつくっています。
「毎回鼻水を吸引するためだけに病院にいくのが大変」というお母さんたちの声をもとに、病院に行かなくても赤ちゃんの鼻水を吸える家庭用の電動鼻水吸引器を開発したようです。
また、このメーカーは医療従事者向けにも医療機器をつくっています。


一方、電動鼻吸い器をつくっているコンビは、お母さんであれば知っているとおもいますが、ベビーカーやチャイルドシートを始めとした、様々なベビー向けのグッズを出しているメーカーです。
コンビのベビーカーを持っていなくても、お手洗いにあるベビーシートや、おむつ交換台でコンビのロゴを目にしたことはあるのではないでしょうか?
ベビー用品としてはかなり大手ですが、鼻水吸引器は最近発売されたばかりです。

 

吸引力

ベビースマイル:最大吸引圧-55kPa 排気流量2.6L/分
コンビ:最大吸引圧-60kPa

吸引の強さは、吸引圧×排気流量でわかります。
吸引圧はコンビの電動鼻吸い器の方が高いですが、排気流量がわからなかった為、どちらの吸引力が強いかははっきりわかりません。

ただし、両方とも電池で動くため、コンセントで動く据え置き型の電動鼻水吸引器と比べると、吸引力は低くなってしまいます。
しかし、電池式の鼻水吸引器はコードがないため、取り出してすぐに吸引できます。特に、ベビースマイルは持ちやすいデザインになっており、吸引しやすい向きや角度を変えることで、しっかりと吸引できます。

 

洗いやすさ

ベビースマイル: 部品4つ (パッキンは外側)
コンビ:部品4つ (パッキンは内側)

電池式の電動鼻水吸引器は、据え置き型と比べて鼻水を溜める所が小さい為、外出先でもこまめな洗浄が重要です。2つを比べてみたところ、部品の数は同じでした。

大きな違いとしては、ベビースマイルは外側にパッキンが付いているので、洗いやすいという点がありました。
一方、コンビの方はパッキンが内側にあるため少し取りにくく、爪をひっかけて取る必要があります。

「パッキンくらい毎回洗わなくていいじゃない!」と考える方も多いと思いますが、パッキンもしっかり洗わないとカビや亀裂の原因になります。パッキンは、鼻吸い器の吸引力を保つための重要な部品です。ここがダメになるとすぐに吸引力が下がってしまいます。その都度洗って清潔にしておけば、長く使うことができます。

また、ベビースマイルは吸引の穴がまっすぐになっているのに対して、コンビの電動鼻吸い器は穴の中が曲がっているので、細部まで綺麗に洗うのは少し難しそうです。

以上のことから、洗いやすさはベビースマイルの方が良いでしょう。

 

操作・扱いやすさ

ベビースマイル:ボタン1つ(ワンタッチでON/OFF切替ができる)
ベビースマイル

コンビ:ボタン1つ(ボタンを離すと電源が切れる)
電動鼻吸い器

ボタンの操作はどちらも簡単です。
ベビースマイルはボタンをワンタッチすれば電源のON/OFFの切り替えができます。電源を入れたまま、楽に角度を変えて鼻水が溜まっている場所を探すことができるので、しっかり吸引できます。
一方、コンビの電動鼻吸い器もボタンは1つで、吸引する際はボタンを押し続ける必要があります。角度を変える際もボタンを押し続けなければいけないので、持ち方を変えるのは少し難しいです。ただし、電源を消したい時は指を離すだけで済みます。

鼻水を溜めるカップ部分の外し方は少し違います。
ベビースマイルはキャップを付けて引っ張って外します。そのため、吸引中に赤ちゃんが動いても簡単に取れてしまうことはありません。
一方、コンビの電動鼻吸い器は吸引するカップ部分が弱い力でも、取れてしまう構造になっているため、吸引中に外れてしまう可能性があります。

電池交換方法の違いも比較してみましょう。
ベビースマイルは底の蓋を回して電池を取り出します。一方、コンビの電動鼻吸い器はカバーの部分を「バチンッ!」と大きい音が鳴るまで押してはめます。頻繁に使って電池交換が必要な場合は、プラスチックが割れないか少し心配です。

スイッチの使いやすさは人によって違い、カップや電池蓋の外し方はベビースマイルの方が上回っています。

 

大きさ

ベビースマイル:幅4.2cm×奥行20cm×高さ4.2cm(約170g)
コンビ:幅4.2cm×奥行15.4cm×高さ7cm

ベビースマイルはコンビと比べると大き目ですが、シンプルなデザインで、立てて置いておくこともできるようになっているので、衛生的でスペースを取りません。
コンビは小さいですが、自立しないので横向きにしか置けないため、置いた時にテーブルや床に鼻水が付く可能性があります。スタンドを別で購入することで、緩和はできるのではないでしょうか。

 

価格(楽天)

ベビースマイル:2,980円(税込)
コンビ:5,397円(税込)

ベビースマイルのほうが2,000円以上、安価です。ベビースマイルはノズルが1種類で、別売のノズルを購入すると3,886円(税込)になります。
コンビの電動鼻吸い器には、もともと2種類のノズルがついていて、5,397円(税込)です。

 

総合評価

実際にベビースマイルとコンビの電動鼻吸い器を比べてみましたが、洗いやすさや操作性、そして価格の点では、ベビースマイルの方が優れていると言えます。
コンビの電動鼻吸い器は少し高いものの、音は静かなので子供が怖がるのが心配な方には良いでしょう。ただしインスタグラムを見ていると、ベビースマイルも慣れるとセルフ吸引する子供の写真も多く投稿されているので、個人的にはベビースマイルの方がおすすめです。
ベビースマイルの細かいスペックや口コミを知りたい方は、こちらからご覧ください。